ホーム > お知らせ > funk soul blues ライブのお知らせ

お知らせ

funk soul blues ライブのお知らせ


image

 

 

 

◇来週開催されるイベントのお知らせ◇
本場ニューオリンズ活躍し
あのThe Neville Brothersの
ギターとして永年に渡り活動した
Mac Fukudaさんを中心に
熱いFunk Soul Blues
ライブをお楽しみ下さい
『Nagano Live With Great Friends!』

日時
2016年11月11日金曜日
時間
18:00Open 19:00 Start
場所
ALA NISENROCAFE TIKIアラニセンロカフェティキ
〒380-0826
長野県長野市北石堂1381 パティオ二線路2F
TEL:026-217-5912 FAX:026-217-5913
http://ala-nisenrocafetiki.jp/
料金
Charge 2500円 +1Drink Order
【Mac Kensuke Ayako】
Gtr Mac Fukuda Dr 吉原ありんす亜矢子 Ba 山本賢介
ニューオリンズで活躍したMac Fukudaを中心に
熱いFunk Soul Bluesを演奏します。
ギター 福田真國
ニューオーリンズでThe Neville Brothersの
ギターとして永年に渡り活動。
Aaron Nevilleのソロメンバーとしても活動。
Santanaと共演、当時の大統領前での
演奏など大舞台で活躍した。
本場のグルーヴは必見!
ベース 山本賢介
長野県長野市出身。
ニューオリンズに2004年に移住、
約4年に渡り音楽活動を行う。
メインバンドはRussell Batiste & Friends、
The Neville Brothersの一員、
Cyril Nevilleのソロアルバムツアー参加等。
現在は東京にて活動中。
ドラム 吉原亜矢子
20歳よりドラムを始める。
24歳の頃より本格的に音楽活動を開始。
数々のバンドやアーティストのサポートなど、
ライブやレコーディングに参加し、現在に至る。
2007年と2008年渡米。
シカゴ・NY・ナッシュビル・メンフィスを旅する。
シカゴでは毎晩のようにセッションに通い
Carlos Johnson、Billy Branch、Les Getrex、
Nellie “Tiger” Travisなど現地のミュージシャンと交流。
NYではドラマー「バーナードパーディー氏」の
プライベートレッスンを受ける。
2016年4月、ずっと行きたかったニューオリンズへ旅する。
現地のフェスやライブなど数多くの演奏に
衝撃を受けて帰ってくる。
現在は、R&B Funk Blues を主とした
セッションやライブ、女性ブルースバンド
「Angel KONY」で活動中。
時々ハワイアンバンドでも演奏するなどなど
幅広く活動を行っている。
【The Quartet 】
Eigo Todoroki、宮田康佑を中心としたSpecial Unit。
Eigo Todoroki
中学卒業後渡米。
Idyllwild Arts Academy, Interlochen Arts Academy,
Western Michigan University School Of Musicにて
主にブルースとジャズギター、ジャズ理論を学ぶ。
高校・大学在学中は、BOB FERRAZZA, TOM KNIFIC,
BILLY HART, GENE BERTONCINIをはじめとする
ジャズミュージシャンに師事。
在米中はブルースバンド、ジャズ・ビッグバンド、
ジャズ・スモールコンボ、ファンクバンド、
ブルースロックバンド等で演奏。
現在、ライブセッション、ライブサポート、
CM音楽レコーディング、PCゲーム音楽
レコーディング等の楽曲制作および演奏活動を行う。
宮田康佑(みやた こうすけ)
5歳よりクラシックピアノ、14歳よりギターを始める。
高校在学中から長野のギタリスト角田忠雄氏に師事。
現在は世界的ギタリスト吉田次郎氏に師事。
長野県内を中心に、ソロやボーカルのサポートなど
演奏形態やジャンルを問わず幅広く活動を展開中。
また、島村楽器や個人教室などでギター講師も務める。
現在はFM長野のラジオ番組「汐入規予 I’m with you」で
パーソナリティを務めるシンガー、汐入規予の
バックバンドをメインに、自身の
インストゥルメンタルバンド「Blue in Green」でも活動中。
2015年2月、自身初となる自主企画のライブで、
師である吉田次郎氏と共演。
2015年12月、石川県出身のシンガー、
佐藤ヒロキと北陸ツアーに参加。
鈴木徳章
15歳よりエレキベースをはじめ、その後
Rock Jazz Blues Soul Latinなど、ジャンルを問わずに活動。
その活動は多岐にわたる。現在は6弦ベースをメインに、
バンド”Blissed”をはじめ汐入規予、清水まなぶ、
湯澤かよこのサポートなど様々なユニットで
県内外を問わずに活動中。
2010フジロックにも出演。
おもな共演者:soil&”pimp”sessions,cro-magnon 沼澤尚など。
音楽への愛情溢れる演奏姿と暖かい低音、グルーヴが評判。
2016年2月、福岡県のシンガーWatarlooと九州ツアーに参加。
山田和矢
長野県出身 6歳よりピアノを、12歳より打楽器を始める。
中学、高校時代は吹奏楽に傾倒、 卒業後一年間、
地元のラテン/サンババンドで県内外問わず
演奏活動に明け暮れる。 20歳で上京。
ドラムを 本田珠也氏 パーカッションを
今村祐司氏に師事 2007年 blindfilmというバンドとして、
テレビ東京ブロードバンド株式会社に所属、
同ハウリングブルrecordsより アルバム
memory of something I do’nt realize をリリース
現在はバンドやサポートで活動、
特に27人編成のエレクトロニックロックオーケストラ
『夜長オーケストラ』は圧巻。
長野では佐々木秀実、汐入規予、清水まなぶ、
高山賢人、等のバックを務める。
教育の場では、美鈴楽器や、ヒオキ楽器、
アイミュージックスクールや、自身のスタジオでの
レッスンの他、多数の小、中学校の
吹奏楽部打楽器講師を務め、活動の幅を広げている。

このページの先頭へ